吉田スクールNEWS 1月

【学習塾…英語・数学・理科 英会話…幼児~シニア ことばの学校…読書 育脳寺子屋】

長時間スマホは学習の妨げとなるのでしょうか? 

 

 世の中、携帯電話、スマホ、タブレット等々、私が幼い頃、いや若いときでさえ考えられないほど普及し、老いも若きもいや子供達でさえ簡単に使える様になって来ましたね!!

これらの益については、挙げると切りがないほどだと思いますが、目に見えない害について懸念されている親御さんも多いのでは無いでしょうか?次の様な実証、実験が実施されました。

                                                                  (神戸新聞より)

 スマートフォンや携帯電話を使い過ぎると学習の効果を打ち消される恐れがあるという東北大学の川島隆太教授(55)らによる調査結果が、教育関係者の注目を集めている。ゲーム機などで長時間遊んだ後、脳がうまく働かなくなるのと同じことが起こっていると考えられ、川島教授が教育行政顧問を務める小野市では、小中学生と保護者への啓発を始めた。(吉田敦史)

 東北大と仙台市教育委員会が2013年度、同市内の中学生約2万4千人を対象にした学力検査と生活・学習状況調査の結果を基に調査。平日の家庭学習時間、スマホなどの利用時間と、平均点との相関関係を分析した。

 その結果、
2時間以上学習していてもスマホなどを3時間以上使う層は、学習時間は30分未満でもスマホなどを全く使わない層より点数が下がることが明らかになった。
 川島教授は、テレビを長時間見ると脳の前頭前野に悪影響が出ることや、ゲーム機などで遊んだ後に脳の機能がなかなか回復しないことと同じ現象が起こっているとみて、検証を急いでいる。

 これを受けて小野市では6月下旬から、市内の小学4年~中学3年の全学級で啓発授業を始めた。
 川島教授らの調査結果を伝えるとともに、スマホや携帯電話をどう使うべきかを児童生徒に考えさせる。授業で使う学習用プリントには保護者の記入欄も設けて家庭での議論につなげ、PTAなども含め全市的な取り組みを展開していくという。
    
【ルールを守るのが大事】
 川島隆太教授の話 親子で一緒に考え、ルールを守ることが大事だ。勉強するときや寝るときは電源を切るというのが最低限必要で、まずはそこから。それでも子どもや家庭が変わらないのであれば、中学生以下は所持を禁止したほうがいい。それほど深刻な問題だ。酒やギャンブルと一緒で健全な成長を阻む恐れがある。

                            (神戸新聞より)

 

 私が小学校に入学する頃、テレビが放送され始めました。当時はこの画期的な発明に世の中沸いていました。でも、今と決定的に違うのは、とても高価で各家庭に普及するのにかなりの時間が掛かりました。各家庭に1台テレビが普及される様になった時、テレビの子供達に与える影響について、色々な所で色々な人達が意見を出し合い話し合いました。

その時もやはり、各家庭で親子で考え話し合って納得のいくルールを決めて、それを守ることが大切だ、と云う結論になったと思います。

これを機会に、親子のコミュニケーションを取るためにも、みんなで考え話し合って、ルールを決め、それを守ることが一番の解決方法ではないでしょうか?

小学校1年生の孫が言っていました。「テレビを観ていると、ついつい止められず観てしまう」と、観たいとか面白いでは無く、子供も大人も、強い意志が無いと自分でコントロール出来なくなるのですね。その為には、歯止めになるルールが一番効果的で良いように思えます。

皆さんお忙しいとは思いますが、ご家庭で是非お子様と話し合ってみて下さいね!!

                             (吉田多美子)

 

ご父兄の皆様の、ご意見、ご感想又ご相談など、お待ちしています。

               tamikoyoshida@gmail.com